Nokin

 カメラ・写真へのつぶやき

読んだもの(カメラの構え方、ジョー・マクナリー@Shuffle)

shuffle.genkosha.com

 

この構え方、参考にして少しだけ試してみました。

 

ポーズに違和感があるのは当然だったのですが、左眼で見るというのが案外難しく、利き目が右眼であるということを実感した気がしました。

 

左肩にカメラを押し当てて、左眼で見るというだけでしたが、部屋の中でシャッター速度遅めでブラケット撮影すると違いが顕著でした。

 

ブラケット撮影では三回連続してシャッターを切るように設定しており、2回目3回目はミラーショックでブレることが多々あります。

#普段は右手でボディを持ち、左手でレンズの下を支えています。

 

右手でボディを左肩に押し当て、左眼で見る方法で撮影すると、連続してシャッター切った場合も全然ブレがありませんでした。

 

ポーズの気恥ずかしさもですが、ファインダーを覗いて撮る楽しさのため、左眼で見る違和感の方を、早いうちに解消出来たら良いなと思っています。